2018年10月15日

失敗しませんように。

10/14(日)昨日は、岡崎墓園墓地の抽選会でした。

高倍率の抽選に当選された方は、とても運の良い事です☆

この先の【お墓選び】で失敗しないように、石屋を色々回られじっくり決められる事をお勧めします。


色んな石屋…いますからね(・Д・)



そして、今回残念ながら外れてしまった方。

できるだけ早目に遺骨の住まいを定めてあげたい気持ちもあるとは思いますが、
将来にわたって安心する事のできる場所をゆっくりと検討しましょう。




  


Posted by 柴内石材  at 09:18Comments(0)お墓について

2018年04月18日

長くてスミマセン

ほとんどの消費者の方は、お墓を購入する際何を基準に選べば良いのかわからないと思います。

ネット社会の今は、お墓に関しても様々な情報が配信されており検索すればする程一体何が本当なのかʕʘ‿ʘʔ
分からなくなってしまう事もあります。

お墓は携帯電話や電化製品のように、新しい機能のついたものが次から次へと出るわけでもなく、オリジナルデザインの墓石を除けば、どのお墓も似たり寄ったりのカタチをしていますし、食品のように1度食べてはみたけど口に合わなかったから次回は別の物を。と経験して選べるものでもありませんΣ(-᷅_-᷄๑)


石材店の言うこともお店によってもまちまちです!
商売をしている以上、どのお店にしても出来る事なら自分のお店でお墓を購入して欲しい。という気持ちは理解できます。

もちろん、僕もそうですから!

だからといって、消費者にその場限りの嘘や適当な情報を伝え、正確な情報をきちんと伝えないというのはどうかと思います!


はるか昔、モノのない戦後の時代やバブル景気ならば、作れば売れたり、もしかしたら比較する事もなく購入していたかもしれません。



そして、

お墓は、どこの石材店で建ててもたいして変わらないだろう…

ではありません!!!


例えば、同じメーカーの同じ車種でもガソリン車とハイブリッド車がありますが、
「HIBRID」と書かれたエンブレムを貼ってなけれは、パッと見ただけではなかなか区別がつかないですよね?
しかし、車を購入しようとする人は車にはガソリン車やハイブリッド車、ディーゼル車や電気自動車まである事を知っています。
これは、自動車メーカー側の情報開示もあるし車に関する専門誌もあり消費者が知識を得る機会が多いのも事実です。


お墓も、車と同じように外観は同じ様に見えても、実は様々な部分で大きく異なります!

一生に一度買うかどうかの大きな買い物ですし、買い替えのきく商品ではありません。

良い石を選ぶよりも、建てる時期を決めるよりも、石材店を選ぶ事がまずは大切です。


  


Posted by 柴内石材  at 12:43Comments(0)お墓について

2018年04月14日

……続き。まだ続きますよ。

お墓の材料として使用される石は自然の大地から採掘されます。 天然のものゆえに、キズや色ムラ、斑点などもあり当然すべてが均一に整った石目・色目ではありません!



採掘された原石のうち、実際に墓石として使用できるのは採掘された全体量の約半分から7割程度です。
世界一の銘石と称される
香川県の『庵治石細目』に至っては、最高級墓石として市場に出されるのは全体の3%だといわれていますΣ(゚д゚lll)

人間の体にホクロがあるように、石にも様々な部分があるのは当然です。


日本の石職人は、出来る限りそれらを避けながら加工していくのですが、運良く加工の初期段階に見つかることもあれば、最終段階に突然現れる事もあります!

三日かけて作り上げてきた部材でも、ものによっては出荷は出来ず一から作り直しします.°(ಗдಗ。)°.


が、


中国加工場の場合は、

「何とかごまかす方法はないだろうか…?」
そして、ごまかし加工を施しパッと見分からない状態にし、何事もなかったかのように船積みされ日本へ送られ、消費者の元に届くのですヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3




  


Posted by 柴内石材  at 10:39Comments(0)お墓について

2018年04月10日

昨日の続きです

中国の石材加工工場で墓石を作るということは、安いコストでお墓を作るという事が最大の目的の為、使用する原石の量も多く、加工の時間と技術を要する、石目・色目を合わせてのお墓作りは基本的にはしていません( ̄^ ̄)ゞ

中国加工墓石のほとんどは、墓石の各部材がパッチワークのように、石目・色目が違って出来上がってくるので見た目良くありません。

磨きの精度も違うので、艶持ちも良くありません。

……などなど。様々な点を売り手の小売業者が消費者にきちんと伝え、それを承知で
「はい。それでも安いのなら構いません!」 という消費者がどれだけいるでしょう。

そこで、

いけない事だと解っていても、
(ホントに解っているのかどうか?)
艶出しのワックスや染色、要するにお化粧をして美しく˚✧₊⁎❝᷀ົཽ≀ˍ̮ ❝᷀ົཽ⁎⁺˳✧༚ごまかした製品として出荷します。




こうして、お化粧された墓石は当然時間と共に化粧は剥げ落ち、結局は元のパッチワーク状態に戻った時点で消費者が気付くのです
((((;゚Д゚)))))))((((;゚Д゚)))))))((((;゚Д゚)))))))


長〜くなりましたのでまた次回。

  


Posted by 柴内石材  at 10:53Comments(0)お墓について

2018年04月09日

字が多いですm(_ _)m

現在では日本における墓石の大半が中国の石材加工工場で作られています。
別に中国を含む新興国でモノづくりをする事が悪い事ではありません。



墓石だけに限らず、私達の身の回りの多くの物もそうして作られています!

ただ、

墓石に関しては、建築基準法や食品衛生法の様な規定法律や「JIS規格」や「JAS規格」の様な規格もありません。

ということはΣ(-᷅_-᷄๑)

墓石の製作に関しては何をしても法的規制は無いということです。

それをいいことに、中国の石材加工工場では、熱処理や薬品処理、染色などのあらゆる方法を用いた
〝お墓のごまかし加工〟が日常的に行われています:(;゙゚'ω゚'):

この事実は、中国の工場に墓石の製作依頼をしている多くの日本の石材商社や卸業者も知らないハズはありません。

知らないのは…

ほんのごく一部の小売業者と、ほとんどの消費者でしょう。

だけど、〝お墓のごまかし加工〟は法にふれないのでどうしようもないのが現実です。



文字ばっかで読むの疲れますよね?
スミマセンm(._.)m

なので、今回はここまで。

  


Posted by 柴内石材  at 15:48Comments(0)お墓について

2018年03月21日

永代使用料って

墓地の区画を購入する時に、霊園やお寺に支払うお金を
『永代使用料』
といいます

一般的に、土地を購入すれば登記をし所有権を取得しますが、墓地の場合は、所有権ではなく使用権の取得になりますひらめいた

永代使用料の支払いによって、使用は出来るけど、あくまでも土地を借りている状態なので自分の持ち物ではありません汗

必要なくなったからといって、誰かに売ったり、他人に貸したりする事は出来ません!!

そして、

永代 とは

「お墓を継承する人がいるうちは」という意味で、永久とは違います。
継承者がいなくなってしまった場合や、お墓を移転するなどの様々な理由で
墓じまいをする時は、きちんと更地に戻し、霊園やお寺に返還するのが決まりとなっています
返還しても、最初に支払った永代使用料は戻って来ませんよ!

霊園墓地も、お寺の墓地も、ご家族できちんと先の事まで話し合ってからの購入をオススメします

お墓参りのしやすい場所にある事が1番だとは思いますが、お寺にも色々ありますよ水滴




  


Posted by 柴内石材  at 11:00Comments(0)お墓について

2017年11月16日

石材店は様々です!

お墓は石材店によって工事の仕方が違います。

なぜなら、家を建てる際の建築基準法など強度などの基準がお墓の場合はないからです汗
つまり、誰でもお墓を建てる事が出来るので石材店ごとに様々な建て方があるんです!!

基礎工事の方法や納骨室のつくり、お墓の構造、石材の品質や等級、アフターケアに至るまで挙げたらキリがない程、石材店によって違いがあります!!

そして、石材店ごとに得意分野も異なると思います( ͡° ͜ʖ ͡°)

中には、加工も施工も丸投げする所もあるかもしれませんが(苦笑)


腕の良い職人がいて、全ての加工において一貫して自社加工の石材店もあれば、加工は全て中国に
お・ま・か・せ
一切手を加える事なく届いたお墓の梱包をほどくだけグッドの石材店もあるしえーん

施工についても、墓地の下見から施工、お引き渡しまで現場に入り責任を持って据付ける事の出来る職人がいる石材店もあれば、お客様と外注の間に入り、やりとりをするだけ。
そして、「完成しましたよ!」 と報告をし、証明書発行をポチッとパソコンでするだけピースの石材店もあるんです。

『途中経過はどうでもいいわ!最終的に頼んだお墓が建てばいいわ!』
って方もいれば
『高い買い物するんだし自分の目で見て見たいし、知っときたいわ!』
って方もいらっしゃいますグッド

石材店は様々ですので、お客様が選んで頂いて当然ですグッド
何を基準に選ぶかは皆さんの自由ですしあわせ

ただし、たくさんの違いがあるのに選んだ理由は一つだけ!!っていうのはきっと後々後悔すると思いますよ!

だって、お墓は
高い物ですから。





  


Posted by 柴内石材  at 11:25Comments(0)お墓について

2017年09月11日

蓮華台とスリン

墓石の一番上の竿石(さおいし)の下に置かれているお花のデザインの石が蓮華台(れんげだい)です。
このデザインは名前のように、蓮の花すなわち蓮華をモチーフに作られています。





蓮は、仏教発祥の地 『インドの国花』で
仏教の根本的なシンボルです。
ご存じ、蓮の根はレンコンですよぱちっ

池や沼といった水中の泥の中に根を張り、泥にまみれることなく綺麗な蓮華を咲かせますお花

蓮華の下は泥(迷いの世界)、蓮華の上に乗る事で汚れた世界に染まらない悟りを開いて仏になったという証なんです!

『蓮華台』




『スリン』




スリンは、蓮華台を簡略化した物で蓮華台よりもスッキリとシンプルなお墓に仕上がります。

蓮華台・スリン共に細かいデザインに決まりはなく花びらの形や枚数、デザインも自由なのでお墓に個性を出すことが出来る以外にも、お墓の背が少し高くなって立派に見えたりする利点もあります。

そして・・・故人が仏になった証拠です。  


Posted by 柴内石材  at 22:08Comments(0)お墓について

2017年09月04日

水鉢

今回は水鉢(みずばち)について。

水鉢はご先祖様にお水をお供えするためのものです。




ここで注意すべきは!!

故人がお酒が好きだったからビールお水ではなくお酒を入れてみたり・・・

好んでジュースを飲んでいたから・・・とジュースを入れてみたり・・・

水じゃ味気ないからお茶 ってお茶を入れてみたり・・・

おーまいがっ

これ!全て石にとって良くないです汗

糖分が残ってベタベタになったり、茶しぶがついてシミになってしまいます!!

どうしてもお酒やジュースをお供えしたい時は、容器のままお供えをしてあげて下さい。そしてお参り後は必ず持ち帰りましょうしあわせ

炭酸飲料は放置しておくとパンパンに膨れ爆発爆弾したり、ワンカップなどのお酒の瓶は割れる可能性もあるので、お墓を汚す以外にも危険を伴います爆発

飲み物と一緒に食べ物などのお供えも同様です。

放置しておくのは、カラスに餌付けしていることになってしまいます。
サルやイノシシなどの動物もチャンスを狙っています危険

話を戻しまして(笑)

お水は水垢が大変できやすいので、水鉢の内側は定期的に掃除をしてください。

内側まで磨きをかけてある水鉢は、スポンジや布で簡単に綺麗になりますが、磨きがかかっていない場合は汚れがなかなかとれにくいです汗




(柴内石材は磨き加工を標準としております)

香炉と同じく水鉢も多種多様です。














どこかで気に入った水鉢の型を見付けた場合、柴内石材は自社加工ですので、すぐに対応させていただきます。

解りやすくご説明させていただきますので、いつでもご相談下さいしあわせ

  


Posted by 柴内石材  at 08:21Comments(0)お墓について

2017年09月01日

香炉

何世代にも渡って受け継がれてゆく大切なお墓です。
多くの方はお墓を建てる機会は一生のうちにそうそうあるものではありません。
せっかくお墓を建てるなら、金銭面の問題もありますが是非とも納得のいくデザインに仕上げて下さい。

お墓はいくつものパーツで出来ています。

今回は、そのうちの一つである『香炉(こうろ)』について。




香炉はお線香を供えるためのものです。
形やサイズも様々で色々なタイプがあります。



屋根香炉(やねこうろ)
屋根の付いた少し豪華なデザインの香炉。高級感を持たせたい場合にオススメです。








供物香炉(くもつこうろ)
高級感と利便性を兼ね備えた香炉。お供え物をする為の供物台と一体型になったものでシンプルで無駄のないデザインです。

他にも・・・












このように、香炉1つとっても様々です。

墓石本体や全体のバランスに合うものを選びましょう。

どこかで気に入った香炉の型を見付けた場合、柴内石材は自社加工ですので、すぐに対応させていただけます。


お墓をお持ちでない方には、なかなか身近にないものなので、まったく想像が出来なくて当然だと思います。

解りやすくご説明させていただきますので、いつでもご相談下さいしあわせ  


Posted by 柴内石材  at 15:28Comments(0)お墓について